将来、介護施設を探す時に慌てないための情報サイト

介護保険制度とは、介護が必要になったときに、住み慣れた我が家や土地で安心して生活ができるように、介護を社会全体で支えましょうという制度です。

高齢者が増えるとともに、介護サービスに携わる事業者が増えてきています。また、介護サービスの仕組みはとても複雑な上に、スタートしたばかりなので、わかりにくい部分を整理してみました。改善した方がよいと思うのは、介護施設の名称の付け方ですね。似ていてまぎらわしいものが多いですし、漢字を見てイメージするものと実際の内容が少し異なります。

介護保険制度でもっとも役に立ちそうな人は、ケアマネージャーです。介護認定を受けるときには、この介護のプロに連絡をとるとよいでしょう。連絡をとる際の窓口ですが、地域包括支援センターや市役所などの介護福祉課です。

将来、介護施設を探す時に慌てないための情報サイトを作成しました。なお、もっとくわしい情報が知りたいという方は、お住まいの地域の市役所や厚生労働省のホームページをのぞいてみてください。

将来、介護施設を探す時に慌てないための情報サイト

要介護状態とはどのような状態なのか

「要支援1」から「要介護5」までの介護度が設けられています。

介護付き老人ホームへの理解

「特別養護老人ホーム」と「有料老人ホーム」の違いについて。

好適な施設を選ぶ知識を身につけておく

ケアマネージャーに好適な施設を相談するとよいでしょう。

新しい住まい方としての要介護施設

介護サービスをどんどん利用しましょう!

介護認定を受けるときには、ケアマネージャーに連絡をとりましょう。

Copyright(C) 2011 - 将来、介護施設を探す時に慌てないための情報サイト - All Rights Reserved.